スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除〜捨てられるもの、残されるもの〜

春休み、名市の一角に突如出現する簡易テント、通称「なんでも捨てれる場所」
このテントの出現とともに各部活動は各々の部室を掃除し始める。もちろんワンゲルもだ。

毎年恒例となったこの大掃除、私も3回目の参加となる。今年は部員数が少ないこともあり5人で行った。

「断捨離」

今年は捨てた。捨てに捨てた。とりあえず捨てた。
あの座るたびに壊れていくソファも、あのどこからか拾ってきたビール瓶ケースも、あの放置され劣化したザックも、あの破れた不潔な布団も、全てはなんでも捨てれるゾーン行き。

そして残ったのは…

11997.jpg

広い。
この広い部室に負けないように今年はたくさん新入生をいれたい。そう思っっているのは私だけでしょうか。

兎にも角にも、新歓がんばりたまえよ。


と、ここまでは捨てられるものパートでした。ここからは残されるものパート始めるぞ!

残ったものは…これだ!

11998.jpg
(上下反転、悲しいな)

そう、歴代のワンゲルノートだ!
このノートの量! まさに歴史! 俺の人生よりもうんと長い歴史!

俺が生まれた日にも書いてあったぜ!

「ゴールデンウィークは帰省もせずに引きこもってました。たまにはこんなゴールデンウィークもいいな。 by 林」

林ー!

ワンゲルノートを読んでるとさ、こう心に染みるよな。何十年前も前に同じ部室で書かれたんだなって思うとさ、まるでタイムスリップしたような、そんな感覚なんだよ。当時の部室の様子が目に浮かんでくるんだよ。
なぁ、林、俺が産声をあげたとき、お前は部室で一人ゴールデンウィークを振り返っていたんだろ? ワンゲルノートが教えてくれたよ、林。

初代ワンゲルノートも残ってたんだ。ワンゲルノートを作るきっかけや当時のいざこざ、ワンゲルノート批判。(批判をノートに書いてる時点でその批判は意味をなしているのか…。)
昔の人は良い文章を書く。センスが素晴らしい。

そんな感じで昔のワンゲラーたちに思いを馳せてたぜ。

昔もいいけど、未来はもっといい!そう信じてるのは俺だけかな?

とにかく、新歓がんばれよー。応援しに行くからな。

by オバシ
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。