予備養成 日本コバ・岳

4月9,10日に鈴鹿山系の日本コバ・岳に行ってきました。
<予定コース>行動日2日
1日目 名古屋市立大学ー一般道(車)-永源寺キャンプ場
2日目 永源寺キャンプ場ー政所道分岐ー(-日本コバー)-政所道分岐ー衣掛山ー永源寺キャンプ場
ー(-岳ー)-永源寺キャンプ場(5°55)
<エスケープルート>
政所道分岐ー永源寺キャンプ場(1°10)
<日の出入り時刻>
9日 日の入り・・・18:24
10日 日の出・・・5:31/日の入り・・・18:25
<リミットタイム>
岳  15:40
<諸経費>
レンタカー代  11800円
ガソリン代   1260円
保険代     460円×5人=2300円
食費      1767円
昼食(2日目) 2550円
温泉     720円×4人= 2880円
事故対策費  200円×4人=800円
合計    23357円
パー費集金 8000円×4人+460円=32460円
差し引き   9103円
よって一人当たり2275円返金します。
<サイト場状況>
場所:永源寺キャンプ場
水場:あり
トイレ:あり
費用:3500円
シーズン外だったため、水の使用は不可。サイト料は0円にしていただいた。
<電波>
永源寺キャンプ場  au:4G ドコモ:4G softbank:3G
日本コバ: au:4G ドコモ:4G softbank:3G
<差し入れ>
ごっちゃん先輩:じゃがりこ、オリジナルアソート、スナック菓子、カルピスウォーター
<コース状況>
「永源寺キャンプ場~登山口」
キャンプ場を出て左の方に進んで、橋を渡って左に曲がって道なりに進むと右側の上のほうに入山届け提出用ポストがあり、そこの近くに行くと、階段があるので、そこを上ると登山口につく。
「登山口~政所道分岐」
最初は緩やかな登りが続く。ずっと上っていくが、所々道幅が狭く、なおかつ滑りやすいところがあるので、要注意。あと、2回川を渡らなければならない。1か所目は
2か所目はその後、赤テープがところどころにあるので、それにしたがって行くと、11/18の看板を過ぎた後、岩場があり、そこを上らなければならない。そこを越えると、岩屋と書かれたところに着く。それからもう少し行くと分岐に着く。
「政所道分岐~日本コバ」
緩やかに上ったり、少し下ったりを繰り返すと、日本コバにつく。見晴らしはよくない。
「政所道分岐~永源寺キャンプ場」
看板の方向に進む。衣掛山まではあまり高低差がなく、ゆったりといける。衣掛山からはそのまま赤テープの見える道があるので、そのまま下って行けばよい。下りの道は急勾配である。ずっと同じような道を下って行くと、道路につながる道がある。そこからローワンでそのままいくと、墓場があり墓場の横の坂を上って行って、そのまま進むと最初通った道に戻る。
「岳」
道の駅からでて左の方にいき、坂をあがりまた右のほうに行って、2つ目の角を左折する。そして突き当りをまっすぐ進むと地蔵が見える。そこを通り過ぎると、中部電力の作業道に着くので、そのまま進むと、坂道があり、どんどん上って行くと、開けたところに着く。そこからさらに上に進むと、赤テープはあるが、道はなく、急斜面を上らなければいけない。そこは、木や岩を足場にする必要があり、斜面の土は滑りやすい。30分ぐらいで岳のピーク付近に着き、もうすこし進むと、岳の表示がある。下っていくときも赤テープはあるが、道らしき道はなく、足元は非常にもろい土で、滑りやすくさらに、落石に気を付けながらおりていかねばならない。
開けたところまで出れば、あとは道に沿って降りていけば、地蔵のあるところにたどりつける。
<行動記録>
1日目:晴れ
名古屋市立大学-真心堂(昼食)-永源寺キャンプ場
10:30         12:00       15:10
11:50    12:55
2日目:晴れ
永源寺キャンプ場ー日本コバ登山口ー如来堂→日本コバ看板1/18 - 2/18 - 3/18 - 4/18 -藤川谷レスキューポイント1
5:26 5:35 5:39 5:46 5:57 6:06 6:12
ー5/18ー Rest ー 6/18ー 7/18 ー レスキュー2ー 8/18ー 9/18ー 10/18ー Rest ー 11/18
6:15 6:20 6:30 6:43 6:45 6:47 6:55 7:05 7:16 7:32
6:29 7:30
ーレスキュー3-岩屋ー 12/18ー 13/18 ・政所道分岐・レスキュー4ー 14/18ー 15/18ー レスキュー5ー16/18
7:40 7:45 7:49 7:55 8:04 8:08 8:09 8:13
8:00
ー17/18ー 日本コバ(18/18)・レスキュー6・Rest- 17/18ー 16/18ーレスキュー5ー 15/18ー 14/18
8:20 8:23 8:36 8:40 8:44 8:45 8:50
8:33
ー13/18・政所道分岐・政所川西→藤川谷道出会14/14ー13/14ー12/14・政所川西レスキュー6ー衣掛山
8:54 9:08 9:12 9:20
9:02
ーレスキュー5ー10/14ー9/14ー レスキュー4・8/14ー 7/14ーレスキュー3・6/14ー5/14ーレスキュー2.4/14・Rest
9:26 9:27 9:32 9:36 9:42 9:47 9:52 9:56
10:10
ー3/14ーレスキュー1・2/14ー1/14ー永源寺キャンプ場 -道の駅奥永源寺渓流の里ー 地蔵ー 岳・Rest
10:18 10:21 10:30 10:51 10:59      11:15 12:17
10:55 11:05 12:31
ー地蔵ー道の駅・昼食ー宮の湯ー名古屋市立大学
13:40 13:52 16:10 17:30
14:37 17:20
<反省と感想>
今回、約5ヶ月ぶりの山行だったが、反省するところはたくさんあった。まず、基礎的なところで体力、歩き方、読図を積極的にしようとしなかったこと、石につまづいて転びかけたこと、足元がふらふらしていたこと、疲れてて一部先頭を歩くことができなかったこと、後ろの人に気を使えなかったことなどたくさんあった。感想としては、日本コバはまだ急登もそんなに多くなく、歩きやすかったが、岳は急登がつづいていて、軽装でぎりぎりって感じでものすごくしんどかった。下りも道なき道を下っていって、すごくスリルがあった。5月からは1年生と一緒に行くことになるので、しっかりと体力をつけてがんばりたい。
最後にメンバー、名本、差し入れをくださった先輩方本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?